Mail

CLOSE

AREA名古屋市熱田区の解体実績

名古屋市熱田区の解体実績

名古屋市熱田区の解体実績をもっと見る

建商が選ばれる理由と強みを見る

VOICEお客様の声

お客様の声一覧を見る

名古屋市熱田区にお住まいのお客さまへ

  • 「熱田神宮」で賑わいを見せる名古屋市熱田区の地形は?解体工事の際に気を付けるポイントをご紹介!

    持ち家やビルの解体工事をする上で、欠かせないのが土地の地盤状況を調べること。
    住宅街にある場合は重機が入れるような地形をしているかどうか。また子育て世帯が多い場合、どんな点に注意をすれば良いのかどうか。
    とはいえ、プロの解体業者に依頼するのであれば、地形や地盤状況にも詳しいので心強い味方となってくれるはずです。今回は名古屋市熱田区の地形や地盤状況について詳しくご紹介します。

  • 1:名古屋市熱田区の地形を解説
    名古屋市熱田区は名古屋市の中央から見て南西部に位置しています。近年では高層マンションの建設や大型ショッピングセンターの開発が進み、ファミリー世帯に人気のある区でもあります。
    交通の便に恵まれているのも熱田区の特徴の一つ。JR線はもちろん、名古屋鉄道、市営地下鉄といった各種公共交通機関網が発達しています。他にも名古屋高速道路のインターチェンジも区内にあるため、主な移動手段が車の方にも便利な立地です。

    令和3年3月現在の名古屋市熱田区の人口は約6万6千人、人口密度は1km2あたり約8000人です。人口約11万人の昭和区の人口密度は約10,000人。
    このデータと比べると、ゆとりがあることが読み取れます。

    2:地形から読み解ける熱田区の地盤状況と解体工事に際して気をつけること
    名古屋市熱田区の地形の特徴は大きく分けると2つ。
    名古屋市の中央部に近い方は、南北にかけてなだらかな傾斜が特徴で、標高10m程度の平坦な台地で形成されています。熱田の宮宿エリアは安定した地盤のため、再開発も活発に進んでいます。
    中央部から離れたエリアは、河川の堆積作用によって形成された沖積地です。昭和40年代ごろには地盤沈下が懸念されていた歴史がありますが、今では沈静化されつつあります。
    ただし伊勢湾台風の際にも壊滅的な被害に見舞われたように、今後も洪水の危険がないとは言い切れません。そういった部分も踏まえて、台風の時期が来る前に解体工事を終わらせるなど時期は考えた方が良いかもしれません。

    3:熱田区での解体工事に役立つ知識
    熱田区は歴史や文化を重んじているエリアです。「熱田神宮」には市内市外問わず、多くの参拝客が訪れます。
    また金山駅周辺には様々な商業施設があるため、近隣での解体工事を行う場合は、重機が入れる道路幅を確認しておく必要があります。重機が入れたとしても往来の妨げにならないか、騒音や振動で学校・病院に迷惑を掛けてしまわないか確認を行いましょう。
    事前に業者とのあいさつ回りをしておくことで、トラブル回避に繋がりますので検討してみてください。

    4:おわりに
    今回は名古屋市熱田区の地形の特徴や、解体工事を行う際に気をつけるべきポイントをご紹介しました。
    解体工事を依頼する場合は、地形や地盤状況をしっかりと見てくれる親切な業者を選びましょう。

ご相談・お見積り、お気軽に
お問い合わせください!

LARGE 大型解体 | GENERAL 一般解体 | INTERIOR 内装解体 | LITTLE プチ解体

現地調査から近隣の方へのご挨拶、
産業廃棄物収集運搬処理、
外構工事・駐車場工事まで!

052-604-9040

【受付時間】10:00~19:00

メールでのお問い合わせはこちら!

メールで簡単見積もり

LINEで簡単見積もり

052-604-9040 【受付時間】10:00~19:00電話で
簡単見積もり