Mail

CLOSE

AREA知多市の解体実績

知多市の解体実績

建商が選ばれる理由と強みを見る

お客様の声一覧を見る

知多市にお住まいのお客さまへ

  • 愛知県西部に位置する知多市の地形や地盤状況は?解体工事の注意点も徹底解説!

    持ち家やビルの解体工事は人生の中でそう何度もあるわけではないので、解体工事を検討している方は、どんな点に気を付けたら良いのか迷ってしまうのも無理はありません。プロに全部お任せするのが一番ですが、できるだけ自身でも周辺の地形や地盤状況を知っておくと安心して工事をお任せできます。
    そこで今回は愛知県の中でも尾張地方に位置する「知多市」の地形や解体工事を頼む際の注意点を紹介します。

  • 1:愛知県知多市の地形を解説
    愛知県の西側は江戸時代に「尾張」の名称で親しまれていました。この尾張の南側、海に突き出すような形をしているところを「知多半島」と呼び、知多市はこのエリアに属しています。知多市の面積は約46平方キロメートル。大昔は海だったことも影響しているのか、海水や雨水、川などで削られた地域がやや多いです。そのため複雑な地形が特徴の丘陵地帯となっています。
    知多市の総人口はおよそ8万人。蒲郡市や大府市とほぼ同じ人口です。

    2:地形から読み解ける知多市の地盤状況と解体工事に際して気をつけること
    愛知県全域は南海トラフ巨大地震による被害を受けやすい土地となっています。そのため地震の揺れによる液状化も大きな懸念材料の一つ。
    液状化現象とは地震の揺れで地盤が液体状になり、泥水が噴き出したり、下水管やマンホールが浮き上がったりする現象のことを指します。この現象により家屋やビルが沈みこんで倒壊する危険性も。
    知多市は海に面していることもあってか、液状化現象の危険度もやや高めです。知多市が想定する防災マップによると、やはり海側に近い地域ほど液状化現象の危険が高くなっています。そのため解体工事後、新たに建物を建設するなら液状化対策に強い業者を選ぶのが良いでしょう。

    3:知多市での解体工事に役立つ知識
    知多市は大都市のような騒々しさも、田舎のような不便さもありません。程よく都会&田舎で住みやすい環境といえるでしょう。緑も多いため子育て世帯にも人気のエリアとなっています。そのため解体工事では特に振動や騒音に注意しなければなりません。住宅街の中では、重機が通れる道路幅があるかどうかも大切ですが、近所へ一緒に挨拶に行ってくれる業者を選ぶのも大切です。近所の方から質問があった時に親切丁寧に説明してくれるような業者であれば、周りも安心して工事を見守ることができるでしょう。

    4:おわりに
    今回は愛知県知多市の地形の特徴や、解体工事の注意点を詳しく解説しました。
    地形や地盤状況を知っておくだけで業者とのやり取りもスムーズに進むようになります。解体工事の業者の評判が悪ければ、家主やビル持ち主の評価もその分悪くなってしまいます。解体業者を選ぶ時は周囲の評価も参考にしながら、ご自身が安心して任せられる業者を選びましょう。

ご相談・お見積り、お気軽に
お問い合わせください!

LARGE 大型解体 | GENERAL 一般解体 | INTERIOR 内装解体 | LITTLE プチ解体

現地調査から近隣の方へのご挨拶、
産業廃棄物収集運搬処理、
外構工事・駐車場工事まで!

メールで簡単見積もり

LINEで簡単見積もり

052-604-9040 【受付時間】10:00~19:00電話で
簡単見積もり