Mail

CLOSE

AREA半田市の解体実績

半田市の解体実績

建商が選ばれる理由と強みを見る

お客様の声一覧を見る

半田市にお住まいのお客さまへ

  • 半田市の地形や特徴は?解体工事で気を付けるべきポイントを解説!

    伊勢湾や知多湾に程近い場所に立地する愛知県半田市。自然恵まれ、産業も盛んな半田市で解体工事を考えている場合、注意しなければならない点はたくさんあります。豊かな自然を損なわないために注意しておきたいポイントは何なのでしょうか。今回は愛知県半田市の地形や解体工事の注意点をご紹介します。半田市での解体工事を考えている方は参考にしてみてください。

  • 1:愛知県半田市の地形を解説
    半田市は名古屋市の南側、中部国際空港の東側に位置しています。平成20年頃には人口12万人を突破し、子育て世帯に優しい街として注目されているのが特徴です。そんな半田市の地形は「丘陵」「段丘」「低地」の3つに分類されます。これは半田市に限らず、知多半島内で共通して見られる地形です。
    丘陵地は約400万年前にできた常滑層群からできており、標高は20~60m程度。段丘は約12万年前にできた半田層をはじめ、比較的新しい岩滑層でできています。低地の標高は0~3m程、年月の経っていない埋め立て地や干拓地、6000年前以降の沖積層でできているのが特徴です。

    2:地形から読み解ける半田市の地盤状況と解体工事に際して気をつけること
    先述した通り、半田市は丘陵・段丘・低地の3つの地形から成り立っています。解体工事の際に気を付けたいのは、丘陵や段丘からなる地形の場合、古い地層から成り立っているため、地盤は固く簡単に崩れることはないと予想できるでしょう。とはいえ、楽観的に考えるのは厳禁。傾斜地などは長雨による土砂災害の被害も十分に起こり得ます。また、低地だからといって自然災害の被害を受けないとは言い切れません。低地は比較的新しい層や、埋め立て地から成り立っているため、地盤の弱さが懸念されます。
    「丘陵地だから大丈夫」「平地は安心」など安易に考えず、解体工事の際は地盤の状況に詳しい業者を選びましょう。

    3:半田市での解体工事に役立つ知識
    半田市は伊勢湾や知多湾を南側に望む、海の自然に恵まれた街です。のびのびと過ごせる点はメリットですが、台風や大雨による被害の心配もつきまといます。記憶に新しい「伊勢湾台風」では甚大な被害をもたらしました。今は昔とは違って事前対策もできるようになり、建物自体も強固ではありますが油断は禁物です。雨や台風が多い時期の解体工事は避けるのが得策かもしれません。やむを得ず、このような時期に解体工事を依頼する際は、安全面に配慮し地形の状況に詳しい業者を選ぶのがポイントとなります。

    4:おわりに
    今回は愛知県半田市の地形の特徴や、解体工事の注意点を詳しく解説しました。
    半田市の地形は丘陵や段丘、低地などさまざまな地形が入り乱れています。解体工事の際はどのような点に気を付ければ良いのか迷ってしまうでしょうが、プロの業者に任せておけば大丈夫。分からないことや不安なことは何でも聞いて、業者との信頼関係を築いていきましょう。

ご相談・お見積り、お気軽に
お問い合わせください!

LARGE 大型解体 | GENERAL 一般解体 | INTERIOR 内装解体 | LITTLE プチ解体

現地調査から近隣の方へのご挨拶、
産業廃棄物収集運搬処理、
外構工事・駐車場工事まで!

メールで簡単見積もり

LINEで簡単見積もり

052-604-9040 【受付時間】10:00~19:00電話で
簡単見積もり