Mail

CLOSE

AREA豊明市の解体実績

豊明市の解体実績

建商が選ばれる理由と強みを見る

お客様の声一覧を見る

豊明市にお住まいのお客さまへ

  • 「西高東低」が特徴的な豊明市!解体工事を行う場合のポイントや地形を徹底解説!

    持ち家やビルの解体工事を考えている場合、エリアの地形や地盤状況を知っておく必要があります。愛知県は全体的に平坦であるものの、一部丘陵地帯もありますし、河川が多く海にも面していることから地盤の緩みがないかもチェックしなければなりません。今回は愛知県豊明市の地形や解体工事の注意点をご紹介します。

  • 1:愛知県豊明市の地形を解説
    愛知県の中央から西側に位置する豊明市。東の境川を隔てて刈谷市があり、北には東郷町、南は大府市、そして西は名古屋市があるなど、都心の恩恵を享受しています。豊明市の特徴は「西高東低」。ただしこれは天気予報でよく聞く「西高東低」ではありません。豊明市の地形が「西側が高く東側が低いこと」を意味しています。北部の標高72mほどある二村山を最高地点とし、南に向かって緩やかに傾斜していく特徴があるのです。市内には複数の河川が通っている他、ため池も多く、水の潤いに恵まれたエリアでもあります。
    豊明市の人口は約6万9千人。名古屋市の総人口が200万人超というデータと比較すると、穏やかな環境であることが窺えます。

    2:地形から読み解ける豊明市の地盤状況と解体工事に際して気をつけること
    愛知県は全体的に見て、南海トラフ巨大地震の被害が懸念されています。地震の揺れで液状化現象が発生するのも避けられないともいわれています。
    液状化現象とは地震の揺れで地盤が液体状になり、泥水が噴き出したり、下水管やマンホールが浮き上がったりする現象のこと。豊明市が発表している液状化現象の危険性を表すマップによると、東側の低いエリアに行くほど危険性が高まっています。かといって西側が絶対に安全とは言い切れないので注意が必要です。
    また豊明市は海に面していないものの、伊勢湾台風のような巨大台風が来た場合は水害による地盤の緩みも発生するかもしれません。液状化現象の危険性と、水害による地盤の緩み。自然災害なので完全に抑えることは不可能ですが、解体工事を頼む際は地盤状況をしっかりと読み解いてくれる工事業者を選ぶのが大切です。

    3:豊明市での解体工事に役立つ知識
    豊明市は名古屋市のような大都市に比べると人口は少ないですが、だからこそ解体工事を行うとご近所にも目に付きやすくなります。
    騒音や振動、粉じんなどささいなことからトラブルになるケースも少なくありません。工事を始めるにあたって、工事の期間や重機を使う時間、粉じん発生の恐れなどを近隣住民に一緒に説明してくれる業者を選ぶと良いでしょう。事前にプロの業者から説明があれば近隣住民も安心です。
    「家やビルの解体」は単なる工事ではありません。そこに住まう人や持ち主の印象として残ることも覚えておきましょう。

    4:おわりに
    今回は愛知県豊明市の地形の特徴や、解体工事の注意点を詳しく解説しました。
    持ち家やビルの解体工事を行う場合は、親切丁寧に対応してくれる業者を選びましょう。こちらの質問に真摯に対応してくれると安心して工事を任せられます。

ご相談・お見積り、お気軽に
お問い合わせください!

LARGE 大型解体 | GENERAL 一般解体 | INTERIOR 内装解体 | LITTLE プチ解体

現地調査から近隣の方へのご挨拶、
産業廃棄物収集運搬処理、
外構工事・駐車場工事まで!

メールで簡単見積もり

LINEで簡単見積もり

052-604-9040 【受付時間】10:00~19:00電話で
簡単見積もり