Mail

CLOSE

AREA豊田市の解体実績

豊田市の解体実績

豊田市の解体実績をもっと見る

建商が選ばれる理由と強みを見る

お客様の声一覧を見る

豊田市にお住まいのお客さまへ

  • 「クルマの町」豊田市の地形や地盤状況は?解体工事の注意点も徹底解説!

    持ち家やビルの解体工事は人生の中でそう何度もあるわけではないので、解体工事を検討している方は、どんな点に気を付けたら良いのか迷ってしまうのも無理はありません。とはいえ、ほったらかしにせず準備を万全に整えておきましょう。今回は「クルマの町」としても有名な愛知県豊田市の特徴や地形から考えられる解体工事の注意点を詳しく解説していきます。

  • 1:愛知県豊田市の地形を解説
    愛知県豊田市といえば「TOYOTA」の車でお馴染みの町。実は愛知県の製造品出荷額はおよそ45兆円で全国でもトップレベル。そのうちの3割以上が豊田市という、強固な産業基盤が特徴の一つです。自動車産業のイメージが強い豊田市ですが、市内の7割を森林が占めている他、お米やお茶、梨などの生産も行われています。
    豊田市内の都市部には大型商業施設やシネマコンプレックス、豊田スタジアムといった人の往来も大変活発です。そんな豊田市の人口はおよそ42万人。千葉県柏市で40万人、長崎市で44万人と、都道府県の中核都市レベルの規模を誇ります。

    2:地形から読み解ける豊田市の地盤状況と解体工事に際して気をつけること
    愛知県は数年前より南海トラフ巨大地震の被害が懸念されています。液状化現象による家屋の倒壊など、豊田市に住む一人としては決して目を逸らすことはできません。液状化現象とは地震の揺れで地盤が液体状になり、泥水が噴き出したり、下水管やマンホールが浮き上がったりする現象のことを指します。この現象により家屋やビルが沈みこんで倒壊する危険性があるのです。
    また近年では大雨による被害も各地で散見されるため、豊田市でも令和3年3月に洪水ハザードマップを17年ぶりに更新。マップ情報によると、矢作川を始め市内の主要河川が氾濫した場合の浸水の危険性が詳しく記載されています。浸水の危険性が高いエリアはその分地盤の緩みも高めです。ハザードマップを読み解き、地盤状況について分からないことは解体業者に質問するなど、不安な点を解消していきましょう。

    3:豊田市での解体工事に役立つ知識
    豊田市は先述した通り「クルマの町」として有名である一方、森林地帯が多く都市部では大型施設が密集するエリアです。豊田市に限ったことではありませんが、解体工事を行う際は重機が入れる道路幅があるかどうか。親切丁寧に説明をしてくれる業者であるかを自身の目で見極めましょう。また意外と忘れがちなのがライフラインに関する手続き。電気やガス、水道など管轄会社に解体工事を行う旨を説明し指示に従いましょう。

    4:おわりに
    今回は愛知県豊田市の地形や解体工事の注意点を紹介しました。地形や地盤状況、解体工事の際にどんな点に気を付ければ良いかを知っておけば、業者とのやり取りもスムーズに進みます。本記事を参考にしながら真摯に対応してくれる解体業者を見つけましょう。

ご相談・お見積り、お気軽に
お問い合わせください!

LARGE 大型解体 | GENERAL 一般解体 | INTERIOR 内装解体 | LITTLE プチ解体

現地調査から近隣の方へのご挨拶、
産業廃棄物収集運搬処理、
外構工事・駐車場工事まで!

メールで簡単見積もり

LINEで簡単見積もり

052-604-9040 【受付時間】10:00~19:00電話で
簡単見積もり